TOP建設中・計画中INDEX大阪府摂津市


千里丘駅西地区第一種市街地再開発事業


大阪府摂津市は2020年8月19日、千里丘駅西地区第一種市街地再開発事業の事業協力者として、大和ハウス工業、JR西日本不動産開発、住友不動産、関電不動産開発、大林組 共同企業体を決定しました。 事業協力者は下記施設を提案しています。

Ⅰ街区:地上35階&地上3階、延べ約46,000㎡、共同住宅(345戸)、商業業務施設
Ⅱ街区:地上5階、延べ約2,800㎡、商業業務施設

事業地はJR千里丘駅西口前の約1.5ヘクタールです。 2020年2月25日に都市計画決定しました。 事業期間は2021年~2028年を予定しています。



完成イメージ

千里丘駅西地区第一種市街地再開発事業

[摂津市HPより引用]

駅前広場、駅と再開発ビルをつなぐ自由通路、区画道路も整備します。



概要

事業名千里丘駅西地区第一種市街地再開発事業
所在地大阪府摂津市千里丘一丁目地内
最寄駅JR東海道本線(京都線)「千里丘」駅
建築主摂津市
設 計
施 工
面 積約1.5ha(千里丘駅西口地区 地区面積:約2.3ha)
街区名街区1街区2
用 途共同住宅(345戸)、商業業務施設、駐車場商業業務施設
敷地面積約6,200㎡約1,100㎡
建築面積
延床面積約46,000㎡約2,800㎡
構 造
基礎工法
階 数 共同住宅…地上32階、地下1階
商業業務…地上3階
駐車場……地上3階
商業業務…地上5階
高 さ
着 工
竣 工2028年
備 考 事業協力者
[共同企業体名]
大和ハウス工業、JR 西日本不動産開発、住友不動産、関電不動産開発、大林組 共同企業体
[代表構成員]
大和ハウス工業(株)
[構成員]
JR西日本不動産開発(株)、住友不動産(株)、関電不動産開発(株)、(株)大林組

◆2020年8月19日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2020年8月26日



地図


再開発事業によりJR千里丘駅西口に駅前広場や区画道路が整備され、商業・業務施設や32階建てタワーマンションなどが誕生し、街並みが一変することになります。





ページの先頭へ戻る