TOP建設中・計画中INDEX愛知県名古屋市


名鉄名古屋駅地区再開発事業


名古屋鉄道や近畿日本鉄道などは、名鉄名古屋駅に商業、オフィス、ホテル、住宅を中心とした巨大複合ビルを計画しています。 2022年度の着工、2027年度の完成を目指していましたが、着工時期を延期することになりました。 2024年度をめどに事業の方向性を判断する予定です。

建通新聞2020年11月10日付記事は→こちら



完成イメージ(北東側から)

名鉄 名古屋駅地区再開発

[名古屋鉄道2017年3月29日付ニュースリリース(PDF)より引用]

地上30階、高さ160~180m、南北約400mで計画していました。



配置図

名鉄 名古屋駅地区再開発

[名古屋鉄道2017年3月29日付ニュースリリース(PDF)より引用]

名鉄名古屋駅を拡張し、名鉄バスセンターも高速路線バスの集約化を進め機能強化を図る予定でした。 名鉄名古屋駅の拡張についても再検討します。



概要

計画名名鉄 名古屋駅地区再開発
所在地愛知県名古屋市中村区名駅一丁目など
最寄駅「名鉄名古屋」駅、「近鉄名古屋」駅、JR「名古屋」駅、地下鉄「名古屋」駅など
建築主名古屋鉄道、近畿日本鉄道など
設 計
施 工
用 途駅、商業施設、オフィス、ホテル、住宅(当初計画)
敷地面積約28,000㎡
建築面積
延床面積
構 造
基礎工法
階 数地上30階(当初計画)
高 さ160~180m(当初計画)
着 工2022年度(当初計画)
竣 工2027年度(当初計画)
備 考 ◆名古屋鉄道2017年3月29日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2020年11月11日



地図

名鉄ビル(名鉄百貨店本店)、名古屋近鉄ビル(近鉄パッセ)、名鉄バスターミナルビル(名鉄バスセンター、名鉄百貨店メンズ館、名鉄グランドホテル)、大手町建物名古屋駅前ビル(ヤマダ電機)、名鉄レジャックビル、日本生命笹島ビルを一体的に建て替える計画でした。



2017年6月撮影

名鉄 名古屋駅地区再開発

2017年6月5日撮影。北から既存ビルを見ていきましょう。JR名古屋駅のすぐ南側に建つのが「名鉄百貨店本店本館」が入居する「名鉄ビル」です。




名鉄 名古屋駅地区再開発

名鉄ビル(名鉄百貨店本店本館)。地上10階、地下2階。地下に「名鉄名古屋駅」があります。8~10階にあった「名鉄ホール」(963席)は2015年3月31日をもって営業を終了しています。




名鉄 名古屋駅地区再開発

そのすぐ南側が「近鉄パッセ」が入居する「名古屋近鉄ビル」です。




名鉄 名古屋駅地区再開発

名古屋近鉄ビル(近鉄パッセ)は地上10階、地下1階。地下に「近鉄名古屋駅」があります。




名鉄 名古屋駅地区再開発

そのすぐ南側が「名鉄百貨店本店メンズ館」などが入居する「名鉄バスターミナルビル」です。




名鉄 名古屋駅地区再開発

名鉄バスターミナルビル。地上18階、地下1階、高さ64.1m。地下1階~地上6階が「名鉄百貨店本店メンズ館」、7階~10階は名鉄本社及び名鉄バスを含むグループ会社の事務所、11階~18階は「名鉄グランドホテル」です。バス乗り場(名鉄バスセンター)は3階と4階にあります。




名鉄 名古屋駅地区再開発

そのすぐ南側が「LABI名古屋」が入る「大手町建物名古屋駅前ビル」です。




名鉄 名古屋駅地区再開発

大手町建物名古屋駅前ビル。地上11階、地下1階。地下1階から地上5階までがヤマダ電機「LABI名古屋」です。




名鉄 名古屋駅地区再開発

左から大手町建物名古屋駅前ビル、名鉄バスターミナルビル、名古屋近鉄ビルです。




名鉄 名古屋駅地区再開発

大手町建物名古屋駅前ビルの南側は「太閤通」です。計画中の巨大ビルは道路を跨ぎます。




名鉄 名古屋駅地区再開発

太閤通の南側に「名鉄レジャックビル」や「日本生命笹島ビル」があります。




名鉄 名古屋駅地区再開発

名鉄レジャックビル。地上8階、地下2階。




名鉄 名古屋駅地区再開発

名鉄レジャックビルにはファーストフード店、居酒屋、インターネット喫茶、ボウリング場、カプセルホテルなどが入居。8階にはエイベックス・アーティストアカデミー名古屋校もあります。




名鉄 名古屋駅地区再開発

その南側が「日本生命笹島ビル」です。




名鉄 名古屋駅地区再開発

日本生命笹島ビル。地上17階、地下1階、高さ75m。1974年に竣工したこのビルも再開発で生まれ変わります。




名鉄 名古屋駅地区再開発

その南側の「駿台予備学校名古屋校」は再開発対象外です。




名鉄 名古屋駅地区再開発

その南側の「明南クリヤマビル」と「ワキタビル」も再開発対象外で、写真中央左の「名鉄バスセンター」は再開発に含まれています。




ページの先頭へ戻る