TOP建設中・計画中INDEX東京都江戸川区


JR小岩駅北口地区第一種市街地再開発事業


JR小岩駅北口地区市街地再開発組合(東京都江戸川区)は、JR小岩駅北口に住宅や店舗などで構成する複合施設を計画しています。 規模は地上31階、地下1階、高さ約110m、延べ面積92,170㎡。 事業協力者は三井不動産レジデンシャルと新日鉄興和不動産。 2020年12月の権利変換計画認可を経て、2022年4月の着工、2026年3月の竣工、2030年3月の事業完了を目指しています。

東京都は2020年1月24日、JR小岩駅北口地区市街地再開発組合の設立を認可しました。 報道発表資料は→こちら



完成イメージ

JR小岩駅北口地区第一種市街地再開発事業

[東京都HPより引用]

小岩駅側から見ています。駅とは立体歩行者通路で結ばれます。総事業費は約610億円を見込んでいます。



断面イメージ

JR小岩駅北口地区第一種市街地再開発事業

[東京都HPより引用]

地下に駐車場、1~4階に店舗(4階の一部に保育所)、5階に住宅駐輪場、6階に免震層、7~31階に約670戸の住宅を配置しています。



位置図

JR小岩駅北口地区市街地再開発事業

[地理院地図(国土地理院)をもとに作成]

赤が「施工区域」、緑が「施設建築敷地境界」、青が「壁面の位置の制限」で、高さの限度は110mです。 約6,100㎡の交通広場や約3,500台を収容する地下駐輪場も計画しています。



概要

事業名東京都市計画事業 JR小岩駅北口地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都江戸川区西小岩1丁目、西小岩3丁目及び西小岩4丁目地内
最寄駅JR「小岩」駅
建築主JR小岩駅北口地区市街地再開発準備組合
設 計ビル基本設計:アール・アイ・エー
公共施設基本設計:トーニチコンサルタント
施 工
用 途商業、業務、住宅、保育園
敷地面積地区面積:約2.0ヘクタール
建築面積
延床面積約92,170㎡
構 造S・RC造(中間階免震構造)
基礎工法
階 数地上31階、地下1階
高 さ約110m
着 工2022年4月予定
竣 工2026年3月予定(事業完了:2030年3月予定)
備 考 ◆事業協力者:三井不動産レジデンシャル、新日鉄興和不動産
◆コンサルタント業務:アール・アイ・エー

最終更新日:2020年1月26日



地図

「イトーヨーカドー」などがある区画は「北口駅前広場」になります。 「ワイズマート」などがある区画に再開発ビルが建設されます。 事業地西側の道路は9mから18mに拡幅され、新設される駅前広場にバスが乗り入れられるようになります。




ページの先頭へ戻る