TOP建設中・計画中INDEX東京都葛飾区


東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業


東金町一丁目西地区市街地再開発準備組合は東京都葛飾区東金町1丁目に総延べ面積約16万5500㎡規模の複合施設を計画しています。

第1期:地上_6階、地下2階、商業施設、自動車教習所、自動車運転コース
第2期:地上38階、地下1階、高さ150m、集合住宅(約700戸)
第3期:地下円筒型駐輪場(約1,000台)

葛飾区は2019年11月に都市計画決定しました。 2020年度の組合設立認可や権利変換計画の認可を経て、1期棟は2021~2024年度、2期棟は2024~2027年度、3期棟は2028~2029年度に整備する予定です。




東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

2020年5月17日撮影。北西側から見た建設地。




区域図

東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

[地理院地図(国土地理院)をもとに作成]

第1期では2021~2024年度の工期で、地上6階、地下2階の商業施設(1~3階)や自動車教習所(4~6階)を建設します。 3階屋上が自動車運転コースになります。

第2期では2024~2027年度の工期で、金町駅に近い敷地南東側に、地上38階、地下2階、高さ150m、総戸数約700戸の超高層マンションを建てます。

第3期では2024~2027年度の工期で、地下円筒型の公共駐輪場を設けます。

事業協力者は三菱地所レジデンスと三井不動産レジデンシャル、商業計画検討者は三菱地所、コンサルタントは佐藤総合計画です。




概要

計画名東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都葛飾区東金町一丁目
最寄駅JR「金町」駅、京成「京成金町」駅
建築主東金町一丁目西地区市街地再開発準備組合
設 計
施 工
用 途住宅(約700戸)、商業、自動車教習所、駐車場、駐輪場
事業区域面積2.5ha
敷地面積約24,770㎡
建築面積約18,600㎡
延床面積約165,500㎡
(住宅:約88,900㎡/商業施設・駐輪場など:約76,600㎡)
階 数住宅:地上38階、地下1階/商業・自動車教習所:地上6階、地下2階
高 さ住宅:約150m
予定工期1期棟:2021~2024年度、2期棟:2024~2027年度、3期棟:2028~2029年度
備 考 ・事業協力者:三菱地所レジデンス、三井不動産レジデンシャル
・商業計画検討者:三菱地所
・事業コンサルタント:佐藤総合計画
・建設通信新聞2020年7月17日付記事は→こちら

最終更新日:2020年7月17日




地図

JR金町駅から建設地まで徒歩3分ほどです。




2020年5月撮影

東金町一丁目西地区第一種市街地再開発事業

2020年5月17日撮影。 事業地を北西側から見ています。 右奥のタワークレーンが見えるあたりにJR金町駅や京成金町駅があります。 左奥に見える建物はイトーヨーカドー金町店と金町自動車教習所の複合ビルです。 複合ビルも事業地の一部になります。 地上38階、高さ約150mのタワーマンションは事業地の金町駅寄りに誕生します。






ページの先頭へ戻る