TOP建設中・計画中INDEX北海道函館市


函館駅前東地区再開発(棒二森屋跡地整備)


函館駅前東地区市街地再開発準備組合は、JR函館駅前の百貨店「棒二森屋」跡地に下記の施設を計画しています。高さは85メートル程度を想定しています。

・マンション(地上25階)「棒二森屋」旧本館跡
・商業施設 (地上04階)「棒二森屋」旧本館跡
・ホテル  (地上24階)「棒二森屋」旧アネックス跡

住宅床・商業床の参加組合員予定者はタカラレーベン、ホテル事業検討パートナーはケン・コーポレーション。 事業期間は2021年~2026年の予定です。



概要

名 称函館駅前東地区再開発
所在地北海道函館市若松町
最寄駅JR「函館」駅
建築主函館駅前東地区市街地再開発準備組合
設 計
施 工
用 途マンション、ホテル、商業施設
敷地面積(施工面積:約1.0ha)
建築面積
延床面積
構 造
基礎工法
階 数マンション:地上25階/ホテル:地上24階/商業施設:地上4階
高 さ85m程度
事業期間2021年~2026年
開 業2026年3月想定
備 考 ◆タカラレーベン2020年11月24日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2020年11月24日



地図



矢印は「棒二森屋」(ぼうにもりや)本館跡地の位置を示しています。 アネックス館はその西側にあり、連絡通路で結ばれています。 「棒二森屋」は2019年1月末に閉店しましたが、アネックス館は「函館駅前ビル」に衣替えし2020年2月5日現在、営業を継続しています。

地権者らは2019年7月19日に準備組合を設立し、同年10月23日に事業協力者にイオンモールと西松建設を選定していました。

計画通りなら函館市最高層のビルとなりますね。






ページの先頭へ戻る