TOP建設中・計画中INDEX東京都港区


西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業


西麻布三丁目北東地区市街地再開発組合(東京都港区)は、六本木ヒルズの西側に住宅、事務所、商業、ホテル、子育て支援施設で構成する超高層ビルを新設します。 規模は地上55階、地下3階、高さ約200m、延べ面積約96,000㎡、総戸数約500戸。 2020年9月10日に東京都は組合設立を認可しました。 参加組合員として野村不動産とケン・コーポレーションが参画します。 2021年の権利変換計画認可を経て、2022年9月の着工、2026年6月の竣工を目指しています。



完成イメージ

西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

[以下2枚、野村不動産2020年9月10日付ニュースリリース(PDF)より引用]

六本木ヒルズの西側に新たな超高層ビルが誕生します。 総事業費は約824億円の予定です。



配置図

西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

テレビ朝日通り(補助10号線)の拡幅、歩行者デッキの設置、オープンスペース(広場)の整備、地区内の3つの寺社の再配置も計画しています。



断面図

西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

[以下2枚、東京都2020年9月9日付ニュースリリース(PDF)より引用]

住宅は地権者住戸を含め約500戸を想定。 ホテルは外資系ラグジュアリーホテルブランドの誘致を目指しています。



位置図

西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

事業地まで東京メトロ日比谷線「六本木駅」から徒歩4分ほどです。都営大江戸線「六本木駅」からはもう少しかかります。



概要

事業名西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都港区西麻布三丁目及び六本木六丁目各地内
最寄駅東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木」駅
建築主西麻布三丁目北東地区市街地再開発組合
設 計
施 工
地区面積約1.6ha
延床面積約98,730㎡
街区名A街区B1~B3街区
用 途住宅(約500戸※地権者住戸含む)、事務所、商業、ホテル、子育て支援施設寺社
敷地面積
建築面積
延床面積約96,000㎡B1:約950㎡、B2:約830㎡、B3:約950㎡
構 造
階 数地上55階、地下3階地上3階、地下1階
高 さ約200m約11~15m
着 工2022年9月予定
竣 工2026年6月予定
備 考 ◆野村不動産2020年9月10日付ニュースリリース(PDF)は→こちら
◆東京都都市整備局2020年9月9日付報道発表資料は→こちら

最終更新日:2020年9月10日



地図

事業地は中小のビルが密集した地域です。 事業地に隣接する「六本木ヒルズ森タワー」は地上54階、地下6階、高さ238m。 当ビルはその84%ほどの高さになります。





ページの先頭へ戻る