TOP建設中・計画中INDEX福岡県福岡市


(仮称)天神1丁目11番街区開発プロジェクト


西日本鉄道は、福岡市中央区天神1丁目に立地する福岡ビルや天神コアビル、天神第一名店ビルを商業、オフィス、ホテル(約50室)、カンファレンスなどで構成する複合ビルに建て替えます。 規模は地上19階、地下4階、高さ約96m、延べ面積約138,000㎡。 基本設計は日建設計。 2019年5月に福岡ビルの解体に着手しました。 2020年4月以降に天神コアビルや天神第一名店ビルを解体する予定で、2021年7月の着工、2024年3月の竣工、2024年夏の開業を目指しています。



「福ビル街区建替プロジェクト」第1期事業/福ビル街区建替プロジェクト

2019年4月11日撮影。 中央が福岡ビル、その右が天神コアビルです。 天神ビブレが入る天神第一名店ビルはこの奥にあります。



完成イメージ

福ビル街区建替プロジェクト

[以下2枚、2019年11月28付ニュースリリース(PDF)より引用]

当初計画では福岡ビルと天神コアビルを先行して開発する計画でした。 2019年11月28日に西日本鉄道とイオンは、天神第一名店ビルを含めた街区全体の同時開発を進めることを発表しています。



概要図

福ビル街区建替プロジェクト

地下1~2階にはイオングループが食料品や飲食のテナントを出店します。 5~6階には天神交差点を一望できる九州最大のスカイロビーを計画。 8~17階がオフィスフロアです。 ワンフロア当たり約4,300㎡を確保し、賃貸オフィスとしては西日本最大規模となります。 18~19階には高級ホテル(客室約50室)が入ります。



位置図

福ビル街区建替プロジェクト

[地理院地図(国土地理院)をもとに作成]

福岡ビル……………地上11階、地下3階、延べ42,980㎡、オフィス・商業、1961年竣工
天神コアビル………地上08階、地下3階、延べ23,892㎡、商業、1976年竣工
天神第一名店ビル…地上10階、地下3階、延べ23,878㎡、商業、1976年竣工

福岡ビルの解体は2019年5月に始まっています。 天神ビブレは2020年2月11日、天神コアは同3月31日に閉店することが決定しました。 同4月以降に天神コアビルや天神第一名店ビルの解体に着手する予定です。



概要

計画名(仮称)天神1丁目11番街区開発プロジェクト
福ビル街区建替プロジェクト
所在地福岡市中央区天神一丁目11番
最寄駅西日本鉄道「西鉄福岡(天神)」駅、地下鉄「天神」駅
建築主西日本鉄道株式会社
設 計基本設計:株式会社日建設計
外装デザインKohn Pedersen Fox Associates(KPF)
施 工鹿島建設(内定)
用 途商業、オフィス、ホテル(約50室)、カンファレンスなど
敷地面積約8,600㎡
建築面積
延床面積約138,000㎡
構 造
基礎工法
階 数地上19階、地下4階、塔屋1階
高 さ約96m
着 工 2019年5月…………………福岡ビル解体着手
2020年4月以降予定………天神コアビル、天神第一名店ビル解体着手
2021年7月予定……………新築工事着工
竣 工2024年3月予定
開 業2024年夏予定
備 考 ◆西日本鉄道2019年11月28日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2020年1月7日



地図

建設地は九州最大の繁華街「天神」の中心部です。



2019年4月撮影

「福ビル街区建替プロジェクト」第1期事業/福ビル街区建替プロジェクト

2019年4月11日撮影。天神交差点北西側から見た「福岡ビル」。その右側の白っぽい建物が「天神コアビル」です。




「福ビル街区建替プロジェクト」第1期事業/福ビル街区建替プロジェクト

北側から見た「福岡ビル」。 2~3階に入っていた「TSUTAYA天神駅前福岡ビル店」は、2019年2月28日をもって閉店しています。 5~6階に入っていた「西日本鉄道」は、2019年3月11日より福岡市博多区博多駅前にある「博多センタービル」に本社事務所の移転を開始し、4月1日により正式に同ビルで営業を開始しています。 約850名が移動したそうです。 そのほかのテナントも去り、出入口は閉じられていました。




「福ビル街区建替プロジェクト」第1期事業/福ビル街区建替プロジェクト

北東側から。 手前は明治通りです。 まもなく解体工事が始まるものと思われます。1964年12月竣工なので、54年余りで姿を消すことになります。




「福ビル街区建替プロジェクト」第1期事業/福ビル街区建替プロジェクト

その左手。 因幡町通りを挟んだ東側では一足早く「(仮称)天神ビジネスセンター」が着工しています。 地上19階、地下2階、高さ約89mの店舗付きオフィスビルが2021年9月に完成する予定です。




「福ビル街区建替プロジェクト」第1期事業/福ビル街区建替プロジェクト

移動しました。西側から見た「福岡ビル」と「天神コアビル」。手前は渡辺通りです。




「福ビル街区建替プロジェクト」第1期事業/福ビル街区建替プロジェクト

「天神コア」は、1976年6月に開業した若者向けの大型商業施設です。 「天神コア」の東側には、天神ビブレが入る「天神第一名店ビル」があります。




「福ビル街区建替プロジェクト」第1期事業/福ビル街区建替プロジェクト

「天神コア」は2020年3月で閉館し、同4月以降に解体工事が始まることになります。 新ビルは2023年12月に竣工し、2024年春に開業する予定です。




「福ビル街区建替プロジェクト」第1期事業/福ビル街区建替プロジェクト

「天神コア」の南側にある商業施設「イムズ」でも再開発の動きがあります。 運営する三菱地所は2019年1月9日、「イムズ」の営業を2021年度中に終了すると発表しました。 2022年度中にも建て替え工事に入りたい考えです。 こちらの動向も目が離せませんね。




ページの先頭へ戻る