TOP建設中・計画中INDEX神奈川県横浜市


みなとみらい21中央地区53街区開発事業


大林組、ヤマハ、京浜急行電鉄、日鉄興和不動産、みなとみらい53EAST合同会社は、横浜市西区の「みなとみらい21中央地区」にオフィスを中心に、商業施設、ホテル、にぎわい施設、オープンイノベーションスペースなどで構成する延べ面積約183,000㎡の大規模複合ビルを新設します。 2021年4月に着工し、2024年3月に竣工する予定です。

WEST棟………地上30階、地下1階、高さ160.9m、オフィス・ホテル・店舗など
EAST棟………地上15階、地下1階、高さ86.1m、オフィス・店舗など




みなとみらい21中央地区53街区開発事業

2020年5月24日撮影。西側から見た建設地。




完成イメージ(提案時)

みなとみらい21中央地区53街区

[大林組2019年3月28日付ニュースリリースより引用]


WEST棟(右)はオフィスを主体とし、低層部に店舗やにぎわい施設が入り、高層部にはホテルを設けます。 EAST棟(左)もオフィスを主体とし、低層部には店舗が入ります。

横浜市は2019年3月に「みなとみらい21中央地区53街区」の事業予定者に大林組、京浜急行電鉄、新日鉄興和不動産、ヤマハの4社で構成する企業グループを選定しています。 提案時の規模はWEST棟が地上28階、高さ153m、EAST棟が地上15階、高さ85.5mでした。

横浜市は2020年3月25日、「みなとみらい21中央地区53街区開発事業」の計画段階配慮書の縦覧を開始しました。 建物の規模が修正されています。 横浜市HPは→こちら




概要

計画名みなとみらい21中央地区53街区開発事業
所在地横浜市西区みなとみらい五丁目1番1ほか
最寄駅 みなとみらい線「新高島」駅 徒歩1分
JR・京急・東急・相鉄・みなとみらい線・市営地下鉄「横浜」駅 徒歩7分
建築主 (仮称)みなとみらい21中央地区53街区開発事業者共同企業体

株式会社大林組、ヤマハ株式会社、京浜急行電鉄株式会社、日鉄興和不動産株式会社、
みなとみらい53EAST合同会社
設 計
施 工
用 途業務施設、商業施設、にぎわい施設、オープンイノベーションスペース、ホテル等
敷地面積20,620.58㎡
建築面積約14,500㎡
延床面積約183,000㎡
構 造
基礎工法
階 数WEST棟:地上30階、地下1階、塔屋2階 / EAST棟:地上15階、塔屋2階
高 さWEST棟:160.9m / EAST棟:86.1m
着 工2021年4月予定
竣 工2024年3月予定
備 考 WEST棟 フロア構成
・26~30階………ホテル
・25階………………機械室等
・5~24階…………業務施設
・4階…………………機械室等
・3階…………………業務施設
・2階…………………にぎわい施設
・1階…………………駐車場、店舗、オープンアトリウム

EAST棟 フロア構成
・5~15階…………オフィス
・4階…………………機械室等
・3階…………………業務施設
・2階…………………店舗
・1階…………………駐車場

◆大林組2019年3月28日付ニュースリリースは→こちら

最終更新日:2020年6月3日



地図

建設地は、みなとみらい線「新高島駅」に隣接しています。



2020年5月撮影

みなとみらい21中央地区53街区開発事業の建築計画のお知らせ

2020年5月24日撮影。「開発事業のお知らせ」が設置されていました。WEST棟とEAST棟で構成しますが、法令上は1棟の建物です。写真クリックで拡大画像を表示。




みなとみらい21中央地区53街区開発事業

西側から見た建設地。 ここには暫定商業施設「GENTO YOKOHAMA(ゲントヨコハマ)」がありました。 開設期間は2004年11月25日から2015年1月25日まで。 シネマコンプレックス・アミューズメント棟にはシネコン「109シネマズ MM 横浜」やアミューズメント施設「横濱はじめて物語」、レストラン、ショップなどが入っていました。 このほかハウスウェディング「ベイサイド迎賓館・ベイサイドガーデンクラブ」やライブハウス「横浜BLITZ」もありました。 全て解体され、今は原っぱが広がっています。




みなとみらい21中央地区53街区開発事業

その左手。建設地北側に、2020年3月に竣工した「横浜グランゲート」(地上18階、高さ99.5m)があります。




みなとみらい21中央地区53街区開発事業

右手。




みなとみらい21中央地区53街区開発事業

南西側から見た建設地。




みなとみらい21中央地区53街区開発事業

その右手。建設地南側は「すずかけ通り」です。




みなとみらい21中央地区53街区開発事業

建設地中央にあった通路は閉鎖されていました。




みなとみらい21中央地区53街区開発事業

建設地南側にあるデッキから見た閉鎖された通路。将来的にはWEST棟とEAST棟の間に通路が復活するようです。




みなとみらい21中央地区53街区開発事業

その左手。こちら側に地上30階、地下1階、高さ160.9mのWEST棟が建設されます。新高島駅周辺では最も高い建物となりますね。




みなとみらい21中央地区53街区開発事業

右手。こちら側に地上15階、高さ86.1mのEAST棟が建ちます。




みなとみらい21中央地区53街区開発事業

その右手。




みなとみらい21中央地区53街区開発事業

赤線の手前までが建設地(53街区)です。その奥は52街区になります。




みなとみらい21中央地区53街区開発事業

その右手。こちら側はビルが軒を連ねています。




みなとみらい21中央地区53街区開発事業

南東側から見た建設地。右側は52街区です。




みなとみらい21中央地区53街区開発事業

建設地北東側にあるデッキから見ています。




みなとみらい21中央地区53街区開発事業

赤線の奥が建設地(53街区)になります。手前は52街区です。




みなとみらい21中央地区53街区開発事業

その左手。52街区です。52街区は2020年6月3日時点では公募準備中とされています。





ページの先頭へ戻る