TOP建設中・計画中INDEX福島県福島市


福島駅東口地区第一種市街地再開発事業


野村不動産は2020年3月24日、福島駅東口市街地再開発準備組合が推進する福島駅東口地区第一種市街地再開発事業が、福島市から都市計画決定の告示を受けたことを発表しました。 計画では商業、公共施設、宿泊、住宅、事務所、駐車場で構成する延べ約83,000㎡の複合施設を整備します。 コンサルタントは都市設計連合と山下設計、事業協力者は野村不動産と戸田建設。 2020年度の本組合設立、2021年度の権利変換計画認可を経て、2022年度の解体及び本体工事着工、2025年度の竣工を目指しています。



位置図

福島駅東口第一種市街地再開発事業

[野村不動産2018年5月11日付ニュースリリース(PDF)より引用]

当初の施設規模は地上18階、高さ約90mです。 当初のままなら「シティタワー福島」(地上25階・高さ82m)を上回り、福島市で最も高い建物が誕生することになります。



概要

事業名福島駅東口地区第一種市街地再開発事業
所在地福島県福島市栄町5、8、9、10の一部
最寄駅JR東北新幹線・東北本線「福島」駅 徒歩1分
建築主福島駅東口市街地再開発準備組合
設 計
施 工
用 途商業、公共施設、宿泊、住宅、事務所、駐車場
施工区域面積約2.0ha
敷地面積約11,100㎡
建築面積
延床面積約83,000㎡
構 造
基礎工法
階 数地上18階 ※当初
高 さ約90m ※当初
着 工2022年度予定
竣 工2025年度予定
備 考 コンサルタント………株式会社都市設計連合、株式会社山下設計
事業協力者……………野村不動産株式会社、戸田建設株式会社

◆野村不動産2020年3月24日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2020年3月27日



地図

建設地には「中合(なかごう)福島店」が入る「辰巳屋ビル」などがあります。



2013年6月撮影(文章は2019年9月1日)

福島駅東口第一種市街地再開発事業

JR福島駅西口。




福島駅東口第一種市街地再開発事業

福島駅側から見た「辰巳屋ビル」。 地上10階、地下3階、1973年9月竣工。 福島市唯一の百貨店「中合福島店」や「ホテル辰巳屋」が入っています。




福島駅東口第一種市街地再開発事業

南西側から。 「中合福島店」が地下1階から7階に展開。 「ホテル辰巳屋」は、1階にフロントやブライダルサロンなどがあり、7階に神殿・写場・美容室、8階にレストランや宴会場、9階に個室や客室、10階に客室を配置しています。 客室は60室です。




福島駅東口第一種市街地再開発事業

「ホテル辰巳屋」は2019年8月末日をもって閉館しました。 「中合福島店」は当面、営業を継続します。




福島駅東口第一種市街地再開発事業

白い建物は「平和ビル」(地上7階)です。「中合福島店」の2号館が入っていましたが、2017年8月31日をもって閉館しています。 その跡地の南側に分譲住宅が建ち、北側は1~2階に商業施設、3~8階にコンベンション施設が整備される予定です。




福島駅東口第一種市街地再開発事業

レンガ色のビルが「エスケー栄町ビル2」(地上5階)、その右が「福島栄町ビル」(地上9階)です。 ここまでが再開発事業の区域となります。この付近には賃貸住宅や立体駐車場が計画されています。 「福島栄町ビル」の右側には2021年4月に福島県立医科大学の保健科学部(仮称)が開校する予定です。




ページの先頭へ戻る