TOP建設中・計画中INDEX東京都新宿区


歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿TOKYU MILANO再開発計画)


東急レクリエーションと東急は、東京都新宿区歌舞伎町1丁目にホテル、劇場、映画館、店舗、駐車場などで構成する地上48階、地下5階、高さ225m、延べ面積約88,000㎡の超高層ビルを新設します。 設計は久米設計・東急設計コンサルタントJV、施工は清水建設・東急建設JV。 ホテル運営は東急ホテルズ。 2019年8月に本格着工しました。 2022年8月に完成する予定です。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

2020年6月7日撮影。北西側から見た建設地。



完成イメージ

[以下3枚、国土交通省2019年5月31日付報道発表資料より引用]

高さ130.25mの「新宿東宝ビル」(ホテルグレイスリー新宿)を大幅に上回り、歌舞伎町地区では最も高いビルになります。

国土交通省は2019年5月31日、都市再生特別措置法の規定に基づき、同年5月8日付けで東急電鉄と東急レクリエーションから申請のあった民間都市再生事業計画(歌舞伎町一丁目地区開発計画)について認定しました。



断面イメージ

B1F~B4Fに(株)TSTエンタテイメントが運営するライブホール、8F~11Fには同じく(株)TSTエンタテイメントが運営する劇場、12F~15Fに(株)東急レクリエーションが運営する映画館、17F~47Fに(株)東急ホテルズが運営するホテルを配置しています。

なお、(株)TSTエンタテイメントは、「歌舞伎町一丁目地区開発計画」における、エンターテイメント施設の企画・運営を目的として、(株)東急レクリエーション、(株)ソニー・ミュージックエンタテインメント、(株)東急の3社が設立した合弁会社です。



位置図

建設地は2014年末に閉館した映画館「新宿TOKYU MILANO」(新宿ミラノ座)や「グリーンプラザ新宿」の跡地などです。



概要

計画名(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)
所在地東京都新宿区歌舞伎町一丁目29番1ほか(地番)
東京都新宿区歌舞伎町一丁目29番(住居表示)
最寄駅西武「西武新宿」駅 徒歩2分、JR「新宿」駅東口 徒歩7分
建築主東京急行電鉄株式会社、株式会社東急レクリエーション
設計・監理久米設計・東急設計コンサルタントJV(建物外装デザイナー:永山祐子氏)
施 工清水建設・東急建設JV
用 途ホテル、劇場、映画館、店舗、駐車場など
敷地面積4,603.74㎡(事業区域面積:11,433.74㎡)
建築面積3,170.96㎡
延床面積87,871.50㎡
構 造鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法直接基礎
階 数地上48階、地下5階、塔屋1階
高 さ225m
着 工2019年8月
竣 工2022年8月31日予定
備 考 ◆東京急行電鉄2019年8月5日付ニュースリリース(PDF)は→こちら
◆国土交通省2019年5月31日付報道発表資料は→こちら

最終更新日:2020年6月28日



地図

「新宿TOKYU MILANO」跡地に期間限定で2017年7月にオープンした娯楽施設「VR ZONE SHINJUKU」(VRゾーン新宿)は、2019年3月31日をもって営業を終了しています。



2020年6月撮影

(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

2020年6月7日撮影。 ゴジラの絵が印象的な「新宿東宝ビル」。 東宝が「コマ劇場」跡地に新設した地上30階、高さ130.25mの超高層複合ビルです。 1~2階に店舗、3~7階に「TOHOシネマズ新宿」、8~30階に「ホテルグレイスリー新宿」(客室970室)を配置しています。 商業施設とシネコンは2015年4月17日に、ホテルは同4月24日に開業しました。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

シネシティ広場を挟んだ向かい側が建設地です。東側から見ています。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

建設地東側の仮囲いには絵が描かれていました。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

その右手。2015年9月3日に開業した「アパホテル〈新宿 歌舞伎町タワー〉」がそびえています。規模は地上28階、地下1階、高さ90.5m、客室620室です。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

北東側から見た建設地。現場事務所は敷地北東側に設置されていました。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

北側から。地下5階まであるので躯体が立ち上がるまで時間がかかりそうですね。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

北西側から。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

その左手。建設地北側。花道通りです。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

右側。西武駅前通り。こちらに進みます。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

西側から。ここにホテル、シネコン、劇場、店舗、ライブホールを備えた地上48階、高さ225mの超高層ビルが出現します。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

南西側から。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

その左手。「東京都健康プラザハイジア」があります。規模は地上18階、地下4階、高さ81.5m。「大久保病院」を併設しています。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

建設地南側は路地です。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)

2022年8月末に竣工する予定です。




(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)の建築計画のお知らせ

前回撮影時と比較すると建築面積と延べ面積が修正されたほか、東京急行電鉄が東急に変更されています。 「東京急行電鉄株式会社」は2019年9月2日に「東急株式会社」に社名変更しましたね。 写真クリックで拡大画像を表示。


《過去の写真はこちら》




ページの先頭へ戻る