TOP建設中・計画中INDEX福島県いわき市


いわき駅並木通り地区第一種市街地再開発事業


福島県いわき市のいわき駅並木通り地区市街地再開発組合は、JRいわき駅南口に再開発ビルを整備します。 いわき市は2020年6月1日、施設計画の変更を発表しました。 変更後の施設は下記の通りです。

街区1:地上_5階、商業・業務施設・サービス、駐車場
街区2:地上21階、一般・高齢者向けマンション(合築)約220戸、駐車場、駐輪場

事業協力者はフージャースコーポレーション、基本設計および資金計画策定業務は東畑建築事務所、特定業務代行者は熊谷組です。 2022年度までの完成を目指しています。




いわき駅並木通り地区第一種市街地再開発事業

2020年12月7日撮影。いわき駅前のデッキから見た建設地の様子。



完成イメージ

いわき駅並木通り地区第一種市街地再開発事業

[いわき市HPより引用]

住宅については、26階建て一般向け住宅棟(144戸)と24階建てシニア向け住宅棟(151戸)を建設する計画を、21階建て一般及びシニア向けの住宅棟(約220戸)を1棟建設する計画に変更しています。



配置図

いわき駅並木通り地区第一種市街地再開発事業

[いわき市HPより引用]

いわき駅側の街区1に5階建て商業・業務・サービス施設を整備し、街区2には21階建て一般及びシニア向けの分譲マンション(合計約220戸)のほか、5階6層の駐車場・駐輪場(公共・民間の合築)を設けます。 駐車場は約320台、駐輪場は740台を収容する予定です。



配置図(変更前)

いわき駅並木通り地区第一種市街地再開発事業

[いわき市HPより引用]

変更前は、街区1に26階建て一般向け住宅棟(144戸)のほか、立体駐車場・駐輪場、商業・業務・サービス施設を整備し、街区2には24階建てシニア向け住宅棟(151戸)のほか、立体駐車場・駐輪場や設備棟を整備する計画でした。



概要

事業名いわき駅並木通り地区第一種市街地再開発事業
所在地福島県いわき市平字田町地内
最寄駅JR「いわき」駅
建築主いわき駅並木通り地区市街地再開発組合
事業協力者株式会社フージャースコーポレーション
設 計基本設計:東畑建築事務所  実施設計:熊谷組
施 工熊谷組JV
用 途街区1:商業・業務施設・サービス、駐車場
街区2:一般・高齢者向けマンション(合築)約220戸、駐車場、駐輪場
区域面積約1.2ha
敷地面積
建築面積
延床面積
構 造
基礎工法
階 数街区1:地上5階   街区2:地上21階
高 さ
着工予定
竣工予定2022年度予定
備 考 ◆基本設計・資金計画策定業務:東畑建築事務所
◆いわき市HP→こちら

最終更新日:2020年7月20日



地図

建設地は、いわき市の中心駅・JR「いわき駅」の目の前です。 いわき市は、福島県東南部に位置する太平洋に面した人口は337,680人(2020年7月1日現在)の中核市です。



2019年12月撮影

いわき駅並木通り地区第一種市街地再開発事業

2019年12月7日撮影。JRいわき駅。




いわき駅並木通り地区第一種市街地再開発事業

その左手。建設地方面を見ています。




いわき駅並木通り地区第一種市街地再開発事業

拡大しました。JTBの看板のある建物より奥も建設地です。




いわき駅並木通り地区第一種市街地再開発事業

その左手。駅の目の前に「LATOV[ラトブ]いわき駅前再開発ビル」があります。




いわき駅並木通り地区第一種市街地再開発事業

別角度から見たJRいわき駅。




いわき駅並木通り地区第一種市街地再開発事業

その左手。中央が街区1、左側が街区2です。




いわき駅並木通り地区第一種市街地再開発事業

その左手。2020年6月1日の時点では、2022年度までの施設整備完成を目指しています。





ページの先頭へ戻る