TOP建設中・計画中INDEX東京都千代田区


専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)


専修大学神田キャンパス10号館(140年記念館)は、学校法人専修大学が東京都千代田区神田神保町3丁目に新設した地上16階、地下1階、高さ78.94m、延べ15,740㎡の高層校舎です。 設計は日建設計、施工は鹿島建設。 2020年3月12日に修祓式を行いました。




専修大学140年記念館(神田キャンパス10号館)

2020年2月23日撮影

ゼミ室や講義室などの各種教室のほか、1階にカフェ、7階に学生ラウンジ、13・14階にメディアセンター(図書館)、15階にグローバルフロア、16階にプレゼンテーションホールを併設しています。 法学部に加え、生田キャンパスから移転する商学部と、新たに設置する国際コミュニケーション学部の学生らが学びます。 専修大学の施設の中では最も高層の建物となります。



概要

名 称専修大学神田キャンパス10号館(専修大学140年記念館)
計画名専修大学靖国通り神田新校舎(仮称)新築工事
所在地東京都千代田区神田神保町3丁目4番1他24筆(地番)
最寄駅東京メトロ東西線・東京メトロ半蔵門線・都営新宿線「九段下」駅
都営三田線・都営新宿線・東京メトロ半蔵門線「神保町」駅
建築主学校法人専修大学
設 計株式会社日建設計
施 工鹿島建設株式会社
用 途学校
敷地面積1,927.88㎡
建築面積1,039.23㎡
延床面積15,899.54㎡(大学HPでは15,740㎡)
構 造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法場所打ち鋼管コンクリート杭
階 数地上16階、地下1階
高 さ78.94m
着 工2018年2月(地鎮祭:2018年2月7日)
竣 工2020年1月末予定(修祓式:2020年3月12日)
運用開始2020年4月予定
備 考 ◆専修大学「神田高層新校舎(10号館)建設」は→こちら

最終更新日:2020年3月13日



地図

既存の神田キャンパスの南西側に誕生しました。 九段下駅5番出入口から徒歩約1分、神保町駅A2出入口から徒歩約2分です。



2020年2月撮影

専修大学140年記念館(神田キャンパス10号館)

2020年2月23日撮影。九段下駅側から見ています。




専修大学140年記念館(神田キャンパス10号館)

南西側から。個性的な外観ですね。




専修大学140年記念館(神田キャンパス10号館)

南側から。学生、大学院生、教職員の応募から「専修大学140年記念館」という呼称が選ばれました。




専修大学140年記念館(神田キャンパス10号館)

南東側から。1階のカフェは「SENDAI-Kaffee」、3階の多目的ホールは「黒門ホール」、13、14階に入る図書館は「Knowledge Base(ナレッジ・ベース)」、最上階のホールは創立者の1人の名を冠し「相馬永胤記念ホール」と名付けられています。




専修大学140年記念館(神田キャンパス10号館)

東側から。




専修大学140年記念館(神田キャンパス10号館)

北東側から。




専修大学140年記念館(神田キャンパス10号館)

北側から。




専修大学140年記念館(神田キャンパス10号館)

北西側から。




専修大学140年記念館(神田キャンパス10号館)

南西側から見上げました。




専修大学140年記念館(神田キャンパス10号館)

建物の前にはベンチや案内板、緑地が設けられています。




専修大学140年記念館(神田キャンパス10号館)

キャンパスマップ。地図の左下が「専修大学140年記念館」(10号館)です。写真クリックで拡大画像を表示。




専修大学140年記念館(神田キャンパス10号館)

エントランスの様子。開校に向けた準備が進められています。




専修大学140年記念館(神田キャンパス10号館)

2020年4月に運用を開始する予定です。


《過去の写真はこちら》




ページの先頭へ戻る