TOP建設中・計画中INDEX東京都港区


東京ポートシティ竹芝 オフィスタワー


東京ポートシティ竹芝 オフィスタワーは、東急不動産と鹿島建設が設立した事業会社「アルベログランデ」が東京都港区海岸1丁目に新設した地上40階、地下2階、高さ208.83m、延べ面積約18万㎡の超高層ビルです。 設計は鹿島建設・久米設計JV、施工は鹿島建設。 2020年5月29日に竣工し、同年9月14日に開業しました。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

2020年9月9日撮影




断面図

竹芝地区開発計画

[2019年11月5日付ニュースリリース(PDF)より引用]

1階にイベントスペース「ポートホール」、1~3階に商業エリア「竹芝グルメリウム」、2~5階に「東京都立産業貿易センター浜松町館」、6階にオフィスロビー、8階に「クリエイションポート」、9~39階にオフィスを配置しています。

8階のクリエイションフロアには会員制シェアオフィス「ビジネスエアポート」、映像撮影などが可能なスタジオ「ポートスタジオ」及び研究開発・交流スペースを設置。 9~39階のオフィスフロアにはソフトバンクグループ本社、ソフトバンク本社、WeWorkが入居します。




位置図

竹芝地区開発計画

[東急不動産・鹿島建設2018年4月27日付ニュースリリース(PDF)より引用]

東京ポートシティ竹芝は業務棟「オフィスタワー」と住宅棟「レジデンスタワー」で構成。 レジデンスタワーは地上18階、高さ60m(最高70m)です。

本事業では都有地を約70年間の定期借地によって借り受け、総延べ面積約20万㎡の国際ビジネス拠点を開発しています。 東京都の「都市再生ステップアップ・プロジェクト」の一つで、国家戦略特別区域計画の特定事業(都市計画法等の特例)として2015年3月に内閣総理大臣認定を受けています。




オフィスタワー(業務棟) 概要

名 称東京ポートシティ竹芝 オフィスタワー (TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)
計画名(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)
(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(業務棟)新築工事
所在地東京都港区海岸一丁目20番9号ほか(地番)
最寄駅ゆりかもめ「竹芝」駅 徒歩2分、JR・東京モノレール「浜松町」駅 徒歩4分、都営浅草線・都営大江戸線「大門」駅 徒歩5分
建築主株式会社アルベログランデ(東急不動産と鹿島建設が設立した事業会社)
設 計鹿島・久米設計 工事監理業務共同企業体
施 工鹿島建設株式会社
用 途事務所、展示場、飲食店、物販店舗、集会場、自動車車庫、自転車車庫
敷地面積12,156.66㎡
建築面積9,558.24㎡
延床面積181,777.08㎡(ニュースリリース:約182,052㎡)
構 造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法現場打ちコンクリート杭、拡底アースドリル工法
階 数地上40階、地下2階
高 さ208.83m
着 工2016年5月16日
竣 工2020年5月29日
開 業2020年9月14日
備 考 東京ポートシティ竹芝 HPは→こちら
東京都立産業貿易センター浜松町館 HPは→こちら
2020年6月30日付ニュースリリースは→こちら

最終更新日:2020年9月19日/レジデンスタワーについては→こちら



地図

ゆりかもめ「竹芝駅」徒歩2分、JR・東京モノレール「浜松町駅」徒歩4分、都営浅草線・都営大江戸線「大門駅」徒歩5分です。



2020年9月撮影

東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

2020年9月9日撮影。JR浜松町駅付近の様子。歩行者デッキはまだ途切れていました。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

同じ位置から、オフィスタワー方面を見ています。当面は写真中央下に設置した階段を使って、東京ポートシティ竹芝にアプローチすることになるようです。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

高さ15mの歩行者デッキは首都高速の高架橋を跨ぎ・・・




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

オフィスタワーの3階部分と接続します。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

北西側から見ています。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

オフィスタワーは2020年5月29日に竣工し、撮影5日後の9月14日に開業を迎えています。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

案内板がありました。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

モニター付きです。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

街びらきイベントの案内を表示していました。写真クリックで拡大画像を表示。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

商業ゾーンは「竹芝グルメリウム」と名付けられています。 この案内では1~3階の19店舗が確認できます。 このほか6階にセブンイレブンとカフェ(CUP OF JOE)があります。 写真クリックで拡大画像を表示。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

北側から。1階には店舗のほか大型イベントホール「ポートホール」を設置。スクール形式で最大354名が着席でき、多種多様なイベントに活用されます。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

北東側から。こちら側の低層部は「スキップテラス」と名付けられています。このテラスで「雨・水・島・水田・香・菜園・蜂・空」の8つの景から成る「竹芝新八景」を展開しているそうです。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

テラス前にも樹木が植えられています。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

東側から。かつてこの場所にあった「東京都立産業貿易センター浜松町館」がビル内に復活しました。2~5階にそれぞれ約1,530㎡の展示室を持つほか、4階に大中小3つの会議室を備えています。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

東側低層部。展示会・見本市、イベント、セミナー、試験、会議の会場として活用されます。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

その右手。オフィスタワー(左)とレジデンスタワー(右)や竹芝駅を結ぶ歩行者デッキです。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

南東側から。8階には「クリエイションポート」が設けられました。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

東急不動産が展開する会員制シェアオフィス「ビジネスエアポート竹芝」やインタビュー撮影や収録、記者発表会やプレゼンテーションなどに対応する多目的スタジオ「ポートスタジオ」、研究開発・交流スペースが設けられています。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

南側から。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

低層部の様子。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

その右手。レジデンスタワーです。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

西面の様子。 9~39階のオフィスフロアにはソフトバンクグループ本社とソフトバンク本社が入居します。 2020年9月末以降約1万人が年内をめどに順次、東京汐留ビルディングから移転する予定です。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

最後は旧芝離宮恩賜庭園から。南西側から見ています。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

西側から。オフィスフロアには「ウィーワーク」のシェアオフィスも入ります。




東京ポートシティ竹芝(TOKYO PORTCITY TAKESHIBA)オフィスタワー

東京都は2020年9月2日、「東京ポートシティ竹芝」を含む「浜松町・竹芝・芝浦エリア」を「東京ビジネスイベンツ先進エリア」に指定したことを発表しました。 今後、当エリアの活性化、知名度向上を目的に、関係企業・団体等と連携してMICE誘致活動を推進していきます。


《過去の写真はこちら》




ページの先頭へ戻る